長く住んでいると気になる屋根塗装の時期や費用!知っておくべき基本情報を紹介

このサイトでは同じ住宅で長年生活していると気になってくる、屋根塗装をする時期や必要になる費用などについて説明をしますから、基本情報などを含めて理解できるようになるはずです。
塗装を業者に頼まないで自分でやりたいと考えている場合も、どのようにやればいいのか丁寧に説明していきます。
また作業をするときに最初に汚れを取り除くことが重要になるので、その部分もしっかりと解説していくのでチェックしておくと役立つはずです。

長く住んでいると気になる屋根塗装の時期や費用!知っておくべき基本情報を紹介

屋根塗装のサービスを利用したいと考えている人も少なくないでしょう。
新築の住宅で10年以上暮らしている場合はサービスを利用する時期に差し掛かっているかもしれません。
費用については使用する塗料でも違いがありますから、料金が安い塗料を選ぶことでトータルの費用を少なくすることは可能です。
しかし料金が安い塗料は効果が持続する期間が短いので、何回も屋根塗装しないといけなくなる可能性があります。
足場代なども必要になりますから、基本的には長期的に効果が持続する塗料を選んだほうが安心です。

屋根塗装をしなければならない理由とは?

自宅を長くよい状態で維持するためには、定期的な外壁や屋根塗装といったリフォームが欠かせないと言われています。
特に屋根塗装をしなければいけない理由としては、屋根塗装はそもそも塗装剤によって屋根が劣化しないように保護するという役割を持っていますが、塗装してから7年~15年程度で紫外線や熱により劣化が進み、保護機能が低下してしまいます。
そのためリフォームをせずにそのまま放置してしまうと、塗装による十分な保護機能が得られないので、屋根の劣化が進み最悪建物内部にも悪影響を与えてしまい回収に多大な費用がかかる可能性が出てきます。
そこで塗装による保護機能が失われる前に、再び塗装を施すことによって保護機能を復元させることができます。
また塗装を行うと雨や紫外線、錆から屋根を守るだけではなく色やツヤを表現し家を美しく見せることが可能など、経験劣化により色あせてしまった状態を再度塗装することで新築物件のような美しさを取り戻すことができるメリットを持っています。
使用される塗料の性能もアップしており、断熱や遮熱、防カビや防汚、弾性にセルフクリーニングなど機能を付加することができることも強みです。

張り替えではなく屋根塗装で大丈夫?

屋根は家の特に重要な部分です。
屋根の劣化が進むと大切な家の耐久性を落とすことにもつながるので、定期的に状態を確認しておきたいところです。
屋根の確認は、素人では難しいので専門業者に依頼することをおすすめします。
屋根の状態によって、工事内容も変わってきますのでしっかりと確認しておきましょう。
屋根の劣化がそれほど進んでいない場合は、屋根塗装で対応することができます。
歩いただけで屋根材が割れてしまうほど劣化が進んでいる場合は屋根塗装で対応するのは難しいものがあります。
かなり屋根材が傷んでいる場合は、貼り替えにするかカバー工法などで対応するか考えていきたいものです。
コケやカビが生えているときは、劣化が進んでいるともいえますが、この程度であればまだ屋根塗装だけで対応できることも多くなっています。
屋根を良い状態に保つためには、定期的にメンテナンスをすることが大切です。
屋根塗装も、あまり長期間やり直さないでいると張り替えになるケースもありますので、塗り替えが終わってからも定期的に点検をすると良いでしょう。

屋根塗装で対応できる屋根のトラブルとは?

屋根は経年で汚れたりトラブルが発生するものですが、屋根塗装で対応できることはかなり多いのではないでしょうか。
屋根塗装は文字通り新しい塗料で塗り替えることを意味するので、劣化による退色やひび割れが解決します。
退色は見た目の問題ですが、ひび割れは雨水の浸入を許すことになりますから、屋根塗装をすれば防水機能の回復が実現します。
明らかな雨漏りが発生しているわけではなくても、長い目で見て建物の寿命を考えるのであれば、定期的に屋根塗装をした方が良いです。
雨水の浸入は建物の劣化の促進に加えて、構造物や壁の中の腐食を引き起こすリスクとなります。
例えば気になるニオイがすると思ったら実は壁の内部でカビが発生していたり、シロアリによって構造物が食べられていたというトラブルになり得ます。
外壁の塗料を定期的に塗り替えることも大事ですが、屋根も同様に重要性が高くて忘れてはいけないところです。
その為、一般的な10年に1回を目安に、セットでまとめて工事をするのが良いのではないでしょうか。

屋根塗装を考えるべきサインとは?

外壁塗装に関しては10年ごとに塗り替えをした方が良いと言われているものの、屋根塗装はどのようなタイミングで行えば良いのかと思っている人も多いかもしれません。
雨漏りなどのトラブルもないし、必要はないと思っている人も多く見られるかもしれませんが、屋根塗装を考えるべきサインがいくつかあるので、その劣化のサインについて把握しておくと良いでしょう。
まず1つに挙げられるものは、瓦の滑落や棟板金の浮きや釘抜け、漆喰の劣化などが挙げられます。
これらは今すぐにでも修繕が必要なものと言えます。
瓦のひび割れを放置すると最終的には河原が滑落します。
台風などでもずれたり飛んで落ちてしまうこともあるでしょう。
この状態で放置すれば雨が降ったときには雨水が侵入して最終的には雨漏りの原因にもつながります。
その他にも漆喰の劣化や剥がれ、苔家も、カビの発生、瓦の反りやひび割れ等が該当します。
一般的には屋根塗装も外壁塗装と同じように10年が目安とされているので、この前後でよく確認するようにしましょう。

屋根塗装に関する情報サイト
屋根塗装の基本情報

このサイトでは同じ住宅で長年生活していると気になってくる、屋根塗装をする時期や必要になる費用などについて説明をしますから、基本情報などを含めて理解できるようになるはずです。塗装を業者に頼まないで自分でやりたいと考えている場合も、どのようにやればいいのか丁寧に説明していきます。また作業をするときに最初に汚れを取り除くことが重要になるので、その部分もしっかりと解説していくのでチェックしておくと役立つはずです。

Search